2017年5月9日 更新

大塚家具アウトレット&リユース新宿をオープン

上質な暮らしをサービスする、大塚家具の挑戦

57 view お気に入り 0
株式会社大塚家具は、新店舗の「IDC OTSUKA アウトレット&リユース新宿」を2017年4月29日にオープンしました。


新宿ショールームの全ての1305㎡の地下1階の場所を使用して、この新店舗は展開しています。
この新店舗の「IDC OTSUKA アウトレット&リユース」としては、同時に2つの店舗を2016年10月にオープンしています。


1つ目の店舗は5500㎡の「大阪南港」で、2つ目の店舗は4100㎡の「横浜」です。
その後、1380㎡の「有明」を3つ目の店舗として2017年2月にオープンし、4つ目の店舗に今回の新宿はなります。
アウトレット商品として扱っているものは、通常の大塚家具の店舗の店頭で展示されていたり、モデルチェンジされていたりするブランド家具、アウトレットの限定商品、モデルルームへ貸出した商品などです。


つまり、作戦としては、正規の卸価格より仕入れを安く行って、安い価格で売る小売業のディスカウントのようなものです。
価格としては、通常販売価格として最低価格を保証しているものよりも、15%~60%さらに値引きしたものです。


また、リユース品としては、ブランド品の店舗では通常扱っていないようなものも揃えており、高い職人の技術で補修およびクリーニングを丁寧に行ったものです。
本来の家具の上質な価値を復元したうえで、価格の適正なもので販売しています。
販売する商品は、通常大塚家具で扱っている商品と安全性、耐久性を同じように備えており、さらに、基準を耐久消費財として満たした、高い品質のものです。



新宿ショールームも、今回の新店舗のオープンに伴ってリニューアルを大幅に行いました。
1階に「SOHO Museum」を移して、ワークチェアの国内・国外のものを揃えました。
また、初めて導入した「WON」という新ブランドなど、監修をドイツのインテリアデザイナーが行ったロルフベンツギャラリーや北欧家具ギャラリーを新しく設けました。
大塚家具は、事業計画として「上質な暮らしをサービスする」ことを進めており、今後、順次アウトレット&リユースの店舗も拡げていく予定です。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大塚家具が家具リユースの名称を公募開始

大塚家具が家具リユースの名称を公募開始

大塚家具のリユース家具とは正しくリペアを施すことで、古い時代のものではなくとも「アンティーク家具」や「ヴィンテージ家具」と同様に価値を取り戻したり、むしろ価値を新たに加えたりするものです。そのような新しいリユースについての新名称を募集します。
Reusearch編集部 | 73 view
大塚家具の中古家具付きマンションが登場

大塚家具の中古家具付きマンションが登場

大塚家具xスター・マイカのコラボレーション事業が登場です
Reusearch編集部 | 88 view
IKEAが中古家具の下取り再販を全国展開

IKEAが中古家具の下取り再販を全国展開

イケアジャパンが家具の下取り・還元サービスをスタートしました。
Reusearch編集部 | 214 view
もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

冷蔵庫は生活に欠かせない家電製品ですね。ですが、引っ越しで買い替えのタイミングなどで、必要なくなってしまった冷蔵庫はどのようにすればよいのかご存知でしょうか?今回はまだ使用できる冷蔵庫のリユース方法を紹介していきます。
Reusearch編集部 | 87 view
リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

廃棄される不良在庫、過剰在庫の課題をどう解決するか。これも大きな課題と言えます。
Reusearch編集部 | 104 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

辻村 康 辻村 康
電動工具 買取専門店 みっけ
オーディオ買取専門店 みっけオーディオ

おすすめの記事

今注目の記事