2017年7月23日 更新

査定価格で寄付をする?! 「モノチアプロジェクト」公式サイトがOPEN

リサイクルで、もっと気分を良くする方法

39 view お気に入り 0
 (1668)

現在、サイトから参加できるチャリティは3種類

リサイクルショップを利用して、不要な物を捨てずに、他の誰かに使ってもらおうとする行動。
これは立派な環境活動、3Rの「リユース」という考え方に完全に合致していますし、ちょっとしたお小遣いにもなる。そして意外と気分もいいのは、環境問題の解決に微力ながらも寄与したという実感が得られるからでしょうか?
こんな感想、リサイクルショップを利用したことがある人ならば、大いに同意してもらえるはずなのです。ならばそんな気分のよさを、もっと大きくするにはどうすればいいでしょうか?

そんな問いかけへのひとつの答えといえるのが「モノチアプロジェクト」。
不要な「モノ」で誰かを応援=「チア」したいという思いからスタートしたもの。この活動をおこなっているのは「ベクトル」、全国に100弱の店舗を展開する一方で、宅配買取サービス「フクウロ」も好調なリサイクルアパレル大手の企業です。
このモノチアプロジェクト、第1弾は昨年の9月にクラシックカー愛好家によるチャリティ・ラリーイベント「ベッキオバンビーノ」に寄付をするという形でスタート。好評を受けて、その後常設サイトをオープンする運びとなり、モノチアプロジェクトへの協力を広く募るようになりました。

方法はサイト上に掲載されている、3つの支援プロジェクトから好きなものをひとつ選んでWeb上から申し込みをするだけ。その後、身の回りの不要な品をモノチアプロジェクトを主催するベクトルまで送付するだけで完了です。

すると、査定金額がメールで通知されますから、その金額の一部もしくは全額を寄付するかを選べばOK。不用品を処分できるだけでも気分がいいものなのに、寄付までできてしまうのですから、非常に気分が高揚すること間違いなしというものなのです。

現在支援できるのは「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」、「時東ぁみ アジアチャリティプロジェクト」、「特定非営利活動法人 タイガーマスク基金」の3つ。
例えばタイガーマスク基金とは、子ども虐待を根絶することを目標として活動している団体。現在は、自動養護施設の退所者らの自立支援などをおこなっています。

買取り品目は、公式サイトを参考に

モノチアプロジェクトの対象となっているのは衣類や小物、貴金属、デジタル家電やスマホ、タブレット、カメラなどなど。買取り品目の一覧についてはモノチアプロジェクトの公式サイトをぜひご覧下さい。

リユースも推進できる、環境にも優しい、買取価格で自分もうれしい、これに加えて他の誰かも支援できる。「1粒で2度おいしい」なんてキャラメルが昔ありましたが、モノチアプロジェクトは2度どころではない。関わる人全てが笑顔になれるという、何ともおいしいプロジェクトなのです。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モノチアプロジェクトとは?

モノチアプロジェクトとは?

モノを売って出来たお金で支援する。新しい支援の形
辻村 康 | 121 view
もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

冷蔵庫は生活に欠かせない家電製品ですね。ですが、引っ越しで買い替えのタイミングなどで、必要なくなってしまった冷蔵庫はどのようにすればよいのかご存知でしょうか?今回はまだ使用できる冷蔵庫のリユース方法を紹介していきます。
Reusearch編集部 | 30 view
リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

廃棄される不良在庫、過剰在庫の課題をどう解決するか。これも大きな課題と言えます。
Reusearch編集部 | 80 view
盗品に対するリユース業界の自衛策「盗難情報センター」

盗品に対するリユース業界の自衛策「盗難情報センター」

盗品を現金化するために考えることとは?
Reusearch編集部 | 666 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

辻村 康 辻村 康