2017年5月19日 更新

知ってる?ワシントン条約で売買してはいけないものがあるよ!

ワシントン条約というのは、生存が国際取引で脅かされている、あるいは絶滅する可能性がある野生動植物を守るためのもので、加盟しているのは日本など約170カ国です。

198 view お気に入り 0

ワシントン条約とは?

ワシントン条約というのは、生存が国際取引で脅かされている、あるいは絶滅する可能性がある野生動植物を守るためのもので、加盟しているのは日本など約170カ国です。
規制対象の動植物のリストが、ワシントン条約の本文に付いています。


「附属書」とこのリストは言われており、厳しい規制の順に附属書I、II、IIIに分類されています。
附属書Iには、絶滅の可能性がある種で、国際取引の影響を受けることがある、あるいは受けている種がリストアップされており、国際取引として商業目的のものは禁じられています。


附属書IIには、絶滅の可能性が国際取引を規制しなければある種がリストアップされており、取引の商業目的のものは可能ですが、輸出する国の政府の許可書が必要になります。


附属書IIIには、ワシントン条約に加盟している国が自分の国の中の動植物を守る目的で、別の加盟している国に協力してもらう必要がある種がリストアップされています。

輸出する国の政府の輸出許可書あるいは原産地証明書が、国際取引の場合には必要になります。
ワシントン条約で規制されるのは、動植物の生きているものだけでなく、皮革、毛皮製品、漢方薬も対象になります。

日本へ持ち込むことができない代表例なものについてご紹介しましょう。

動植物の生きているものとしては、サル類の場合はテナガザル、キツネザル、チンパンジー、スローロリス、オウム類の場合はコンゴウインコ、ミカドボウシインコ、植物の場合はパフィオペディルム属のラン、その他の場合はマダガスカルホシガメ、アジアアロワナ、が対象になります。


加工品・製品としては、敷物・毛皮の場合はトラ、ジャガー、ヒョウ、チーター、ラクダ、ハンドバッグ、財布、ベルトなどの皮革製品の場合はアメリカワニ、アフリカクチナガワニ、シャムワニ、クロカイマン、オーストリッチ、インドニシキヘビ、象牙製品の場合はアフリカゾウ、インドゾウ、標本・はく製の場合はオジロワシ、ハヤブサ、ウミガメ、アクセサリーの場合はサイの角、ヒョウ・トラの爪、その他の場合は虎骨、木香、麝香を含む漢方薬、が対象になります。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

もう使わなくなった、必要なくなった冷蔵庫どうすればいいのか?

冷蔵庫は生活に欠かせない家電製品ですね。ですが、引っ越しで買い替えのタイミングなどで、必要なくなってしまった冷蔵庫はどのようにすればよいのかご存知でしょうか?今回はまだ使用できる冷蔵庫のリユース方法を紹介していきます。
Reusearch編集部 | 87 view
リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

リバリュー 佐川急便、余剰在庫の再流通化サービスを強化

廃棄される不良在庫、過剰在庫の課題をどう解決するか。これも大きな課題と言えます。
Reusearch編集部 | 104 view
盗品に対するリユース業界の自衛策「盗難情報センター」

盗品に対するリユース業界の自衛策「盗難情報センター」

盗品を現金化するために考えることとは?
Reusearch編集部 | 842 view
趣味とその道具に出会えるウェブメディア「ビギナーズ」スタート

趣味とその道具に出会えるウェブメディア「ビギナーズ」スタート

マーケットエンタープライズが立ち上げたウェブメディア
辻村 康 | 69 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

辻村 康 辻村 康