2017年1月28日 更新

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERの特徴

憧れのマッキン。リユースでなら手に入るかも。

103 view お気に入り 0
McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC...

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVER

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERは、スタイリッシュに輝くシルバーのボディに青いメーターがよく映える一台です。この青いパネルは、マッキントッシュのトレードマークともいえる伝統的デザインで、「ブルーアイズ・パワーメーター」と呼ばれています。「青い瞳」という名称のとおり美しく、出力パワーを正確に読み取ることができるメーターになっています。クールに光る青いイルミネーションはリスニング・タイムを上品に演出してくれますが、照明をオフにすることもできます。明かりが気になる方は、適宜スイッチを切り替えて使用するとよいでしょう。



500W+500Wのパワフルな出力で、モノラルアンプとしても使用することが可能です。しかも、オーディオ・ファンのなかには600W超えの出力が可能だという実感をもつ人もいます。そのため、McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERにはパワーガード回路が備わっており、大きなパワーを安定して稼働させるための工夫や技術が随所にみられます。



McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERはどっしりと響く低音域と、たゆたうような安心感のある中音域の響きが非常に魅力的です。こうした重厚感のあるサウンドは、マッキントッシュの愛好家たちの間で俗に「マッキントーン」と呼ばれますが、歴代のアンプの中でも特にその特徴が色濃く出ているアンプとして有名です。McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERの発売は1980年で、その6年後である1986年には早くも生産完了時期をむかえています。ですが、マッキントッシュの80年代を彩る代表格としての存在感、圧倒的パワーを誇っており、現在でも人気の高いモデルの一つです。そのため、中古市場にもなかなか出回らないことが多く、高額で取引されることもあります。中古品を購入する際には、メンテナンス時期や部品交換の時期などをよく確認するのが得策です。



McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC2500 SILVERには同じモデルでボデイの黒いBLACKも存在します。シルバーのボディで製造されたのは1986年までで、1986年以降に製造されたモデルは、黒いデザインになっているのです。こちらもシルバーと同様、とても人気があります。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA7000の特徴

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA7000の特徴

憧れのマッキン。リユースでなら手に入るかも。
辻村 康 | 163 view
[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ 管球式パワーアンプ MC240の特徴

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ 管球式パワーアンプ MC240の特徴

憧れのマッキン。リユースでなら手に入るかも。
辻村 康 | 106 view
[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA6600の特徴

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA6600の特徴

憧れのマッキン。リユースでなら手に入るかも。
辻村 康 | 603 view
[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA6800の特徴

[探求シリーズ]McIntosh マッキントッシュ プリメインアンプ MA6800の特徴

憧れのマッキン。リユースでなら手に入るかも。
辻村 康 | 175 view
ORTOFONの歴史

ORTOFONの歴史

ORTOFON社は元々、エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーと言う会社で、アクセル・ピーターセンとアーノルド・ポールセンの二人によってデンマークのトーキー・システムを開発する会社として1918年に創立されました。 トーキー・システムとは、映像に音を同期させるシステムの事を言います。
Reusearch編集部 | 45 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

辻村 康 辻村 康
電動工具 買取専門店 みっけ
オーディオ買取専門店 みっけオーディオ

おすすめの記事

今注目の記事