2017年7月28日 更新

DIYブームに乗って電動工具は売れる! プロツールはより高く売れる!!

ホームセンターの堅調を支えるDIYブーム

167 view お気に入り 0
フォーカスカーペンター鋸で切るウッドボード

フォーカスカーペンター鋸で切るウッドボード

ホームセンターの堅調を支えるDIYブーム

コンビニだ、ドラッグストアだ、ショッピングモールだ!!
こんな具合に主役がコロコロと変わる小売業界なのですが、中でも堅調に推移を続けているのがホームセンターというジャンル。
浮き沈みが激しい小売の世界では珍しく、ここ数年市場規模は4兆円程度で高止まりの状況……まあ店舗が郊外化・大型化するなど、ホームセンター市場内では激しい競争もあるのでしょうが、業界全体としては堅調といえる状況です。

その堅調さを支えているのがDIYブーム、このことに異を唱えてる人はいないはず。
足を運べば、ホームセンターのDIYコーナーは、いつも大賑わいなのです。

木材を好みの大きさにカットしてくれるサービスがあったり、DIY教室を開催していたりと、ホームセンター側もブームを盛り上げることに余念がありません。

お金をかけずにDIYを始めたい人は大勢います!!

そんな教室で体験してみた結果、本格的に始めてみようと考えても、実はDIYのハードルは少々高いもの。

電動工具の基本・インパクトドライバを購入しようとようと思ったら、安いものでも数1,000円、高価なものならば数万円してしまいます。
丸ノコ、サンダー、角ノミなどなど、一式を揃えようとなると、お金がいくらあっても足らないという事態に陥ってしまいます。

「あー何か安い電動工具はないかなあ、マキタとかの有名メーカーで」……そんなことを思っている人は非常に多いのです。

こんな話を聞いて「ここにあるよ! 中古だけど、ぜんぜん使っていない電動工具!!」と思っている人はいませんか?
DIYブームに乗って安価な電動工具を探している人は、前述の通り非常に多いもの。

ですから中古の電動工具の市場は大賑わい、商品が足らないという声もよく耳にするのです。

ですから、使っていない電動工具があるならば「電動工具・買取り」を看板に掲げているようなショップを訪ねてみましょう。
近くにそんなショップがない場合、着払いで送付すれば買取って代金を振り込んでくれるというショップもたくさんあります。
そんなところを頼ってみるのも良いでしょう。

電動工具、買取り価格も上昇中!!

何でも趣味に凝ってしまうと、道具にこだわりたくなってしまうのはDIYでも同じ。
「次はプロ用のツールを!!」と思っている人もこれまた多いのですが、プロ用は高価で簡単に手が出ないのも、どんな世界でも同じです。

ですから、中古のプロツールにも非常に高い需要があるのです。

ご存知の通りプロ用の電動工具は造りがタフにできていますから、製造年が古いとか、汚れているといった少々の不具合があっても大丈夫。
高いお金を払って手に入れた分、高価買取も期待できるのです。

使っていないDIY用の電動工具があるという人も、新しいプロツールを手に入れて古いものを持て余しているという職人さんも、ぜひ一度、電動工具買取を試してみて下さい。

DIYブームのお陰で、現在買取り相場も上昇中。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電動工具 注目のペンインパクトドライバってどうなの?

電動工具 注目のペンインパクトドライバってどうなの?

DIYの愛好者の皆さんから支持される電動工具充電式ペンパクトをご存知でしょうか?細かい箇所のネジ締めに役立つペンインパクトドライバの性能は実際にどのようなときに役に立つのでしょうか?
Reusearch編集部 | 227 view
人気のマキタのインパクトドライバは、用途に合わせてパワーを選ぼう

人気のマキタのインパクトドライバは、用途に合わせてパワーを選ぼう

DIYを始めよう!電動工具の代名詞、インパクトドライバーの選び方
辻村 康 | 206 view
ヒカカク(ジラフ)がGMOイプシロンと提携

ヒカカク(ジラフ)がGMOイプシロンと提携

株式会社ジラフは、業務提携をGMOイプシロンと行って、配送料と振込手数料が低減できるサービスを平成29年2月20日より始めました。
辻村 康 | 87 view
インバーター発電機 特徴と用途のポイント

インバーター発電機 特徴と用途のポイント

安心してリユースを楽しめる社会に。発電機もリユースする時代
Reusearch編集部 | 66 view
中古デジタルカメラの買取を検討中の方へ! 高く売るコツをお教えします

中古デジタルカメラの買取を検討中の方へ! 高く売るコツをお教えします

中古カメラを高く売りたいけど、どうしたら高く売れるの? 査定前に気をつけておきたいことをまとめました。
Reusearch編集部 | 49 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

辻村 康 辻村 康